2009年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

about me

名前:青
チワックス飼ってます。猫も好きです。 手作りが大好きです。

フォートラベル

サントリーニの旅行記公開中です!!

青COLE-P

Tシャツ売ってます。 青COLLE-P

メタ情報

カテゴリ

最近の記事

検索

最近のコメント

アーカイブ

Spam Blocked

マロングラッセへの道のり

マロングラッセ九州の親戚から、大きな栗をいっぱいもらったので、
今年はマロングラッセに挑戦してみました。

時間がかかるとは思っていたけど…
まるまる一週間かかりました。

まずネットで作り方をいろいろリサーチ。
どうやら、渋皮煮と混同されていて、
マロングラッセの正式な作り方が
なかなか見つからない。

結局、主に和菓子屋さんのレシピを参考にして、
何となく作ってみました。

マロングラッセ経過材料
栗(約30個。剥いた状態で600gくらい)
砂糖(結果的に1kg強)
ラム酒(本当はブランデー)
バニラエッセンス(お好みで)

手順
1.栗を剥きます。
圧力鍋で10分加熱すると剥きやすいと聞いて、やってみました。
確かに、普通に茹でるより楽に剥けました。

2.栗が割れるのを防ぐためにガーゼで包む。
ガーゼがなかったのでお茶パックで包んでみました。

3.ヒタヒタの水で火にかけ、砂糖を入れていきます。
栗が充分温まったら、火を止めて冷ますだけ。
とりあえず300g入れてみました。
この日はこれでおしまい。

4.砂糖の濃度を上げる→冷まして味を染みさせる
のくりかえし。
毎日少しづつ濃度を上げるというので、75gずつ入れてみました。

5.4日くらい経過した時点で、なんだかまだまだな感じがしたので
朝と晩と、一日2回、火にかけて砂糖を投入することにしました。

6.一週間後、ようやく鍋の淵に砂糖の結晶ができたので、終了。
ひと煮立ちさせて火を止め、バニラエッセンスとラム酒を入れて香りづけ。
熱いうちに、袋から出し、金網に並べて冷まします。

頑張って包んでみましたが、結局無事に出来上がったのは10個ほど。
ほとんどが壊れてしまいました…。
でも味はおんなじ!
マロングラッセ完成

Write a comment